善玉菌の代表格!ビフィズス菌

ビフィズス菌というのは、乳酸を産生している善玉菌の乳酸菌の1種です。

善玉菌の代表格と言ってもいいくらいで、悪玉菌を減退させて腸内環境を改善する働きがあるといわれています。

特徴としては、他の乳酸菌とは違い酸素のある環境では生きていけないということです。

ただし、死んでしまったからと言って全く効果が無いという事ではありませんし、最近は品種改良された死に難い性質のビフィズス菌を含んだ商品も販売されています。

ビフィズス菌のポイント

ビフィズス菌って何???

ビフィズス菌のビフィドというのは、ラテン語で枝分かれという意味なのだとか。これは、ビフィズス菌そのものの形が、環境によってY字型になったりV字型になったりする性質から名付けられたのだそうです。

乳酸菌と同じくらい、ビフィズス菌というのはよく知られていますね。

乳酸菌のなかの1つがビフィズス菌なわけですが、あまりに有名なため、乳酸菌とビフィズス菌が全く別のものだと思っている方も少なくないようです。

実際、乳酸菌のなかでもビフィズス菌というのはよく区別されて扱われているのですが、それというのも、他の乳酸菌にはない性質をビフィズス菌は持っているためなのです。

ビフィズス菌というのは実は酸素がとても苦手であるため、酸素がほとんど存在しない大腸を主な住みかとして利用しています。

ビフィズス菌も他の乳酸菌と同様に乳酸を産出しているわけですが、それと同時に酢酸も作り出しているのです。

更に、乳酸菌にはない特別な効果を持っているのもビフィズス菌の大きな特徴なのです。

ビフィズス菌の存在を発見したのは、フランスのパスツール研究所に所属するティシエ博士です。このティシエ博士が、母乳で育った赤ちゃんの腸内からビフィズス菌を発見したのですが、現在では、赤ちゃんが母乳を飲み始めることで、急激にビフィズス菌が腸内に増殖することが判っています。

健康な人の場合、腸内には常に4%~5%のビフィズス菌が存在しており、そのビフィズス菌が産出した乳酸と酢酸によって腸内のpHが酸性になるようにコントロールしているのです。

しかし、ビフィズス菌そのものは強い酸には弱い性質ですので、口から体内に摂取しても、強い酸性の胃酸や胆汁酸によって死滅してしまい、大腸までは届くものと、届かないものに分けられてしまうのです。そしてほとんどのビフィズス菌が大腸まで届くまでに死滅してしまいます。

もちろん、胃酸や胆汁酸によって死滅してしまったビフィズス菌が無駄になることはなく、死滅したビフィズス菌そのものが腸内へ運ばれたとき、腸内に生存するビフィズス菌の餌になりますし、食物繊維の作用と同様、腸内に溜まっている腐敗物などを吸収して、便と一緒に排出する働きがありますから、ビフィズス菌を摂取して損することはないのです。

つまり、死滅していても生存していても、ビフィズス菌を体内に取り入れることでも健康維持のためにはとても良いということになります。

また、酸素が多い環境ではビフィズス菌は生きていくことができず、更に人の体温と同等の温度が一番増殖しやすいという点も、ビフィズス菌の性質です。

ビフィズス菌と乳酸菌の特徴などを混同してしまう方も多いかと思いますが、両者は違う性質を持っているものの、同類として扱われていることが多いように、基本的には似ているものなんです。

そのため、発酵しやすい温度・耐熱温度は、乳酸菌もビフィズス菌もあまり変わらないと考えられています。乳酸菌の場合、発酵後して増殖しやすい温度は40度前後で、60度以上になると加熱時間によっては死滅してしまいます。

一般的に、ビフィズス菌を腸内で増やすことにより、腸内に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスを取る・腸内の腐敗を抑制する・腸の運動を活性化させる・免疫力を高める・下痢予防・便秘予防・食中毒予防・胃腸障害予防・感染症予防・抗生物質による副作用の予防・ガン予防・老化防止などの効果が得られると言われています。

ビフィズス菌の種類

乳酸菌にも複数の種類があって、そのなかの1つがビフィズス菌であるように、ビフィズス菌にもたくさんの種類が存在します。

実際、現在ビフィズス菌は全部でおよそ30種類ほどに分類されているのですが、人間の腸内からは10種類のビフィズス菌が発見されています。

ビフィズス菌は、人間の腸内だけでなく、動物の腸内にも存在しているのですが、人間と動物とではそのビフィズス菌の種類が異なっているんです。

人間の腸内に生息しているビフィズス菌は、動物の腸内からはほとんど発見されませんし、逆に動物の腸内に多く生息しているビフィズス菌は、人間の腸内からはほとんど発見されないのです。

もちろん、動物の種類によっても、生息するビフィズス菌の種類は異なります。

人間であっても、乳児と大人では腸内に存在するビフィズス菌の種類は違いますしね。また、同じ人間でも個人によって、腸内に存在するビフィズス菌が異なるのです。

現在、ビフィズス菌は30種類ほどに分類されていますが、そのなかでも人間が腸内から分離したビフィズス菌というのは5種類存在することが判っています。

この5種類とは、ビフィドバクテリウムビフィダム・ビフィドバクテリウムロンガム・ビフィドバクテリウムアドレッセンティス・ビフィドバクテリウムブレーべ・ビフィドバクテリウムインファンティスとそれぞれ名付けられています。

このなかでも、ロングム種のビフィズス菌は、人間の腸内で最も主要な役割を果たしており、市販のヨーグルトや乳酸菌飲料など、ビフィズス菌を使用した製品の多くは、このロングム種を使用しています。

また、先ほど5種類が存在すると挙げましたが、更にその1つ1つの種類にも無数の株があって、その株ごとに持っている効能は異なっているんですね。

ですから、同じロングム種のビフィズス菌を使用しているからといって、使用している株がことなれば効能も異なってくるのです。

ビフィズス菌の効果・効能

ビフィズス菌にも複数の種類があるのですが、どのビフィズス菌の種類にも共通している効能と、ビフィズス菌の種類によって異なった効能があります。

いずれのビフィズス菌にも共通している効果は、腸内を酸性に保ち、悪玉菌や病原菌の増殖を抑制することや、栄養素の消化や吸収の補助、大腸の蠕動運動を促す…といったことが期待されています。

また、腸内にてビタミンB群やビタミンKを合成する作用もあり、その一部が身体に吸収され、また利用されることから、貧血・肌荒れ・出血性疾患の予防にもビフィズス菌がよいとされています。

やはり、腸内環境を整える効果というのが、1番先に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

腸内環境が整うということは、腸内に溜まっている老廃物などをしっかり外へ排出することができるということです。便秘も解消されます。

腸内に溜まっている老廃物が腐敗すると、悪玉菌はどんどん増えていきます。増殖した悪玉菌は有害物質を吐き出してしまうため、更に腸内環境は悪化することとなり、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまい、毒素が身体中を巡ってしまうようになるのです。

つまり、毒素が腸内だけでなく、血液にも流れ出してしまうということです。血液は体内を巡りますから、それこそ毒素が全身に行き渡ってしまいます。更に、その毒素は皮膚へも移動してしまうので、ニキビや吹き出物などの肌トラブルにも発展してしまいます。

また、老化の原因にもなってしまうのです。腸内環境を整えれば、これらのことはかなり改善されるはずです。

身体中に毒素がまわることもありませんから、美肌効果効果にも繋がりますし、身体を健康な状態へと導いてくれます。老化を抑えることにもなりますよ。他にも、便秘が解消されることによりガンの予防効果も得ることができますし、その他の病気も免疫力がアップすることで予防することができます。

何故、免疫力がアップするかというと、ビフィズス菌は乳酸を産生すると同時に、殺菌力が高い酢酸も産出するため、ビフィズス菌が活発に動く腸内が酸性へと変わります。酸性となった腸内では、発がん性物質を生み出す腐敗菌をはじめ、官戦力を持った病原菌さえも増殖しにくくなるため、結果、病気になりづらい身体になるということです。

そして、ビフィズス菌の種類によって異なる効能については、それぞれ特定の病原菌に対する効能を持っていたり、腸内環境に携わる効能を持っていたあり、病気のリスクとなってしまう物質に対して働きかける効能を持っていたり…と、種類ごとに異なり、また、その効能も幅広く存在します。全てが判っているわけではなく、現在も世界中で様々な研究が続けられている状態です。

また、研究によると、個人によって腸内細菌が分布するパターンが異なることから、病気とビフィズス菌の関係も研究されています。もちろん研究中のことなので現時点ではその結果は出ていませんが、結果によっては特定の病気になりやすい人を見分けて、その病気に対応した適切な予防を行ったり、効果的な治療方法を選別するための医療技術が誕生するかもしれませんね。

ビフィズス菌を増やす方法

ビフィズス菌が持つ様々な効能を得るためには、ビフィズス菌を体内で増やす必要があります。

もちろん一時的に増やすのではなくて、常に体内にビフィズス菌が存在していることが大切です。そのためには、ビフィズス菌が生息する腸内環境を整えて、ビフィズス菌が住みやすいようにする必要があります。大腸には、常にビフィズス菌だけでなく、他の乳酸菌などが属する善玉菌、そして悪玉菌や日和見菌が存在しています。この日和見菌というのは、状況に応じて変化する菌のことです。腸内では、この善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の菌が、腸内で生存場所の奪い合いが常に行われている状態なのです。

腸内フローラを整えるということは、まずは善玉菌と悪玉菌のバランスというのがとても大切になってきます。

理想としては、腸内にいる善玉菌の数が、悪玉菌の数の2倍になっている状態で、更にその状態をキープする必要があります。腸内フローラを整える…つまり、ビフィズス菌が生きやすい環境にするためには、まずは生活習慣を見直すことです。

規則正しい生活をし、栄養バランスのとれた食事を食べ、適度な運動を続けることにより、悪玉菌を増やさず、かつ善玉菌を増やすことが可能となるのです。

いきなり生活習慣を見直すといっても、そう簡単に実行できない方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合は、極端に生活主観全体を変えようとするのではなく、自分に出来ることから変えていってみてはいかがでしょうか。

一気に、そして一度に変えた場合も、少しずつ変えていき、そして最終的に全体を変えたという場合も、結果的には同じですよね。無理をしない分、少しずつ出来ることから始める方が個人的には良いでしょう。

例えば、食事時間を固定するだけでも違ってきますし、就寝時間と起床時間を毎日固定するのも良いですよね。食事内容も自炊を心がけてみたり、また自炊が無理だとしても積極的に野菜を摂取するようにするだけでもかなり違いますよ。

ビフィズス菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖が含まれた野菜や果物と一緒にヨーグルトを摂取すると、より高い効果を得ることができます。

朝食を食べない方は、それこそビフィズス菌が入ったヨーグルトを食べるようにするのも良いですよね。その時、同時にバナナなどのフルーツを一緒に食べると尚良しです。

間食時や、小腹がすいた時、それまで食べていたスナック菓子などをヨーグルトなどのビフィズス菌が配合された食品に変えてみるのも良いでしょう。

運動も、改めて運動をしよう!と考えると億劫になってしまいますが、一駅分歩くようにするとか、階段を使うようにするとか、テレビを見ながら軽い筋トレやストレッチをしてみるとか、そういったことから始めてみてはいかがでしょうか。あまり一生懸命に運動する必要はないのです。散歩程度で十分でしょう。

また、腸内に存在する全ての最近に占めるビフィズス菌の割合は、老化と共に低くなっていくと言われています。それに、ストレスを溜めたり、飲酒などによっても、腸内に生息するビフィズス菌の数は減っていってしまうんですね。

1日のビフィズス菌の摂取量というのは別に決められているわけではないのですが、摂取したビフィズス菌というのは、腸内で増殖や死滅を繰り返し、数日~長くても1週間ほどで体外へ排出されてしまいます。ですから、例え少量ずつであっても、毎日摂取するように心がけて下さい。

もちろん、出来るだけ意識して多くビフィズス菌を摂取することも重要ですよ。

ビフィズス菌を摂取しても、そのビフィズス菌が腸内に根付くことはほとんどないとみられていますが、先述したとおり現存するビフィズス菌の餌になりますし、根付かないまでも位置的には腸内には留まりますから、継続的に、積極的に摂取した方がいいのです。

売れてるビフィズス菌サプリ人気ランキング

ビフィーナS

ヘルスエイド ビフィーナSは、おなかの調子を整えたい方におすすめしたい乳酸菌サプリメントです。

年齢とともに、または食生活の乱れやストレスなどにより減少したビフィズス菌を効率よく補うことで、腸内環境を改善してスッキリした毎日を送ることができます。

ビフィズス菌は酸素や胃酸に弱く、生きたまま腸まで届きにくいと言われています。森下仁丹では、耐酸性の3層構造のハイパープロテクトカプセルを採用し、生きたままビフィズス菌を腸まで届けることに成功しています。

腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されている旨を表示している機能性表示食品です。その効果には期待できます。

20年連続シェア№1、販売実績累計1000万個突破という輝かしい実績は注目すべきものがあります。

便通を改善したい、排便回数が少ないなどの悩みがある方におすすめしたい商品です。

定価形状内容量1日当たり単価
3,856円スティック(顆粒)30袋128.5円
初回限定金額定期購入金額送料
2,980円3,084円無料

詳細はコチラ 公式サイトを確認

ビヒダスBB536

森永ビヒダスBB536はビフィズス菌BB536を配合した腸内環境を整えるサプリメントで機能性表示食品です。

日本で初めてビフィズス菌を乳製品に応用したビフィズス菌研究のトップランナーである森永乳業がそのパワーに着目して選び抜いたのがビフィズス菌BB536です。

どんなパワーかというと、このビフィズス菌BB536を含む食品を摂取することで排便回数が増加すること、摂取前より便中のアンモニア量の減少による匂いの減少が実証されているのです。

そのBB536を胃酸に負けない独自技術の小型カプセルで腸までしっかり届けてくれるのが、このビヒダスBB536です。

定価形状内容量1日当たり単価
3,670円カプセル60カプセル122.3円
初回限定金額定期購入金額送料
1,835円3,305円無料

公式サイトを確認

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。