HK L-137乳酸菌

HK L-137乳酸菌は、ハウス食品が独自に開発した乳酸菌です。L-137乳酸菌を加熱処理したものがHK L-137乳酸菌です。その最大の特徴は免疫力アップ。この免疫力アップ効果でインフルエンザなどの感染症予防への期待も大ということで、私が今最も注目している乳酸菌です。

L-137乳酸菌をなぜ加熱処理するのか、HK L-137乳酸菌にはどのような効果が期待できるのかなど紹介します。

HK L-137乳酸菌とは?

HK L-137乳酸菌は、L-137乳酸菌を加熱処理したものです。元になってるL-137乳酸菌は、日本でもおなじみの“なれずし”から発見された乳酸菌です。なれずしは魚とご飯を乳酸菌発酵させたもので、日本の伝統的な発行保存食品です。このなれずしのルーツを辿ると東南アジアに辿りつき、この東南アジアのなれずしからL-137乳酸菌が発見されたのです。

L-137乳酸菌を加熱殺菌したものをHK L-137乳酸菌といいます。このHKとはHeat Killedのことで、加熱殺菌を意味しています。

なぜ加熱殺菌するのか?

一般的に乳酸菌は、生きたまま腸まで届くと効果があるという説明をよく見かけます。ですが、ハウス食品ではあえて加熱殺菌しています。その理由は、生きた乳酸菌は、製品の保管中や体内へ取り込まれてからの体内環境や消化液の影響などにより状態が変化したり作用が弱まったりしてしまい、本来の効果を十分に発揮できない可能性があります。免疫力を高める作用は、乳酸菌が死んでしまっても弱まらず、加熱殺菌することで環境の影響を受けにくい乳酸菌になります。もっと驚くのは、加熱殺菌したことにより、生菌のときと比べて免疫力がパワーアップしているのです。

このようなハウス食品の研究結果として生まれたのがHK L-137なのです。

HK L-137乳酸菌が免疫力を高める仕組み

乳酸菌といえば、腸内環境を整える作用がよく紹介されますが、一部の乳酸菌に新たな作用として免疫力をアップする働きがあることが分かってきています。免疫力を高める乳酸菌として私が知っていたのはR-1乳酸菌です。インフルエンザ予防に効果があるということで、テレビなどでも大きく取り上げられていました。ドリンクタイプや食べるタイプのヨーグルトなどが出ています。どうして、R-1乳酸菌だけにこのような作用があるのだろう?と不思議だったのですが、同じように免疫力を高める乳酸菌がちゃんと他にも存在していたんですね。それが乳酸菌 L-137です。乳酸菌L-137は、この免疫力を高める力が特に強い乳酸菌なのです。それもサプリメントとして販売されているというのがうれしいです。ヨーグルトは毎日食べるとカロリーが気になりますから。

さて、乳酸菌L-137が免疫力を高める力に優れているのは、乳酸菌の表面にリポテイコ酸という成分が多数出ているからです。リポテイコ酸は、細胞壁にある成分で、細胞壁からリポテイコ酸がたくさん出ていることが免疫力を高める力ことにつながっています。

私たちの体で免疫細胞が一番多く集まっているのは腸管です。乳酸菌L-137には、この免疫細胞を活性化させる働きがあります。その具体的な仕組みは、腸管内には、異物の侵入を察知して警告を出す細胞、異物を捕食して消化しその特徴を他の細胞に伝える細胞、異物を撃退する細胞などが存在しています。これらの免疫細胞と乳酸菌の関係はどうなっているかというと、乳酸菌が乳酸を出すことで腸内の悪玉菌が繁殖しにくい良い環境を作ります。腸内環境が改善されれば、免疫細胞も働きやすくなります。そして、乳酸菌は人体に有害なものではありませんが、体内に元々居る菌ではない場合は、免疫細胞が外敵の侵入と勘違いします。乳酸菌と出会った免疫細胞が外敵と判断すると、当然免疫システムを作動して戦いの準備を始めるわけです。つまり、乳酸菌を発見して免疫細胞が活性化するのです。

HK L-137を継続して摂ることで免疫力が高い状態をキープできることがよく分かります。

インフルエンザ予防効果が期待できるHK L-137乳酸菌

HK L-137により免疫力がアップすることはよく分かったと思いますが、実は、免疫力活性化の力が、インフルエンザ予防に効果的という実験データが続々と発表されているのです。

ハウス食品でも、マウスの実験でHK L-137を投与したマウスと投与していないマウスに、強毒性のインフルエンザを感染させて肺組織内のインフルエンザウィルス数を確認するという実験をしました。その結果、HK L-137の投与によりインフルエンザウィルスの増加が大幅に抑えられるという結果を得ました。その理由として、ウィルス感染に対して抵抗力をつけるインターフェロン・ベータという物質を作り出す能力がHK L-137により高まったことが、インフルエンザに対する抵抗力を示したからと考えられています。

これを受け、ヒトでもHK L-137の入ったタブレットを飲んだ人と、入っていないタブレットを飲んだ人とで、血液中のインターフェロン・ベータ(ウィルス感染に対して抵抗力をつける物質)の量を定期的に量る実験をしました。その結果、4週目、6週目、8週目に値が上昇するという結果がでています。

この結果から、HK L-137を4週間程度続けて摂ることで、インフルエンザにかかりやすい人の多くが、かかりにくくなるという風に解釈することができます。

その他HK L-137乳酸菌に期待できる効果

HK L-137を継続して摂ることで、特にインフルエンザ予防に期待ができることは既に書きましたが、これ以外にも研究の成果として期待できる効果がたくさんあります。

● 風邪の発症や症状の軽減

風邪ももちろん感染症の一種です。HK L-137を継続して摂ることで風邪の発症が抑えられることや、風邪をひいた人でもその発症日数や重症度、風邪薬の服用日数が減少するという結果を得ています。

● アレルギー緩和

免疫システムは、体に害を与えるものを見つけ出してやっつけてくれる防御システムですが、これが上手く働かないと必要以上に攻撃をしたりする不具合が生じます。これがアレルギーですが、マウスにHK L-137を継続して摂ることで、アレルギーを起こす抗体の量が抑えられるという実験結果が出ています。HK L-137は、アレルギーの緩和にも期待が持てます。

● 肌の保湿力向上

免疫は、体を守るだけではなく組織の新陳代謝にも影響しています。怪我の傷口にいるばい菌と戦うのも免疫ですが、それと同時に皮膚の再生も行っているのです。実は、お肌に大事なヒアルロン酸の生成にも免疫の働きが影響しています。これについてもマウスの実験で、表皮細胞にHK L-137を添加して培養したものと添加していないものとで比較すると、添加した表示細胞はより多くのヒアルロン酸を生産していました。また、マウスにHK L-137を与えると、肌の乾燥が抑えられたという結果も出ています。

● 体調改善

免疫力の低下は、種々の不調の原因となります。免疫力が高いときには抑えられていた病原体が、免疫力が低下することで体に不調をもたらしていることもあります。健康な人を対象にHK L-137を摂る人と摂らない人に分けて体調に関するアンケートを行ったところ、HK L-137を摂った人たちの方が試験前に比べて体調が改善したと回答した人が多かったという実験結果があります。免疫力を高めることが体調管理の基本ということなのでしょう。

L-137乳酸菌サプリ人気ランキング

ラクトプラン L-137

ラクトプランL-137は、季節の変わり目に調子を崩してしまう、調子を崩すと長引くなどの悩みを抱えていく人の体が本来持っている守るチカラを高めてくれる乳酸菌サプリメントです。

乳酸菌といえば腸内環境を整えるというアピールポイントありますが、ラクトプランL-137は、守るチカラに特化した乳酸菌HK L-137を配合したサプリメントです。生菌は体内の影響を受けやすいくその環境や時間の経過により発揮する力が変化します。そこでハウスの独自技術によりあえて加熱処理することでカラダを守るチカラをさらにアップさせ、発揮する能力を固定することで変化を止め、その力がフルに発揮できるよう腸まで届くように工夫されています。

乳製品が苦手な人でも1日3粒で手軽に乳酸菌が摂れる上、3粒で4kcalと低カロリー。ラクトプランL-137の守るチカラとそれをサポートする4種類のビタミンB群、ビタミンCの力でインフルエンザなどの外からのウィルスの攻撃にも強くなり、季節の変化に負けないカラダ作りができます。

定価形状内容量1日当たり単価
3,085円タブレット90粒102.8円
初回限定金額定期購入金額送料
2,100円無料

公式サイトを確認

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。