LS1菌は歯周病に効果的な乳酸菌

乳酸菌と聞くとお腹に良いというイメージを持っている方が多いと思いますが、実は口をきれいにしてくれる乳酸菌があるのを皆さんは知っているでしょうか。

その乳酸菌こそLS1です。略称がLS1で、正式にはTI2711といいます。

乳酸菌LS1は歯磨き粉でもなかなか取れない口の中のネバネバや、口臭、口の中にある悪玉菌の歯周病菌を抑えるはたらきがあります。

これらの効果は臨床試験で効果が実証されており、乳酸菌LS1の入ったさまざまな歯磨き粉やサプリメントが開発、販売されています。

歯磨きをどんなに丁寧にしても、すべての歯垢を取り除くのは難しく、口内を健康的にきれいに保つころは難しいと言われています。

しかし、このLS1菌は善玉菌の効果により口内の健康をしっかり保つことができます。

また、乳酸菌は乳酸を作り出すため、口内を酸性にしてしまい虫歯になりやすい環境にしてしまうのではないかと心配な方もいるかもしれません。

しかし、乳酸菌LS1は口内を酸性にしないことが分かっています。また唾液のpHが酸性に傾いていても中性に戻す働きがあるようです。

乳酸菌LS1の商品を購入した方の声としては、歯肉炎の痛みが少しずつ減少した、口の中のネバネバがなくなり気になっていた口臭がなくなったといった声を聴くことができます。

また、毎年1回は虫歯や口内の治療に歯医者に行っていた方も、乳酸菌LS1の商品を摂ることで歯医者に行かなくてよくなったという嬉しい声を聴くこともできます。さまざまな歯磨き粉を使っても効果がないという方は乳酸菌LS1のサプリメントなどを使ってみてはどうでしょうか。

歯周病とLS1など口腔内の善玉菌

歯周病は、ジンジバリス菌などの悪玉菌によって引き起こされます。

ジンジバリス菌は、歯と歯茎の間の歯垢を餌に増え、歯周病となり、また、歯周病が進行すると、歯と歯茎の間が深くなり、更に進行するという悪循環に陥ります。

これを防ぐためには、悪玉菌優性の口の中を善玉菌優性の状態戻してあげる必要があります。

ここで登場するのがLS1です。LS1菌やロイテリ菌などの善玉菌はジンジバリス菌よりも早いスピードで増殖しジンジバリス菌を退治してくれるのです。

歯垢を好むのはジンジバリス菌だけではなく、虫歯の原因であるミュータンス菌も同様です。

口腔内の善玉菌は、ミュータンス菌の退治もしてくれます。

このように、口腔内も腸内フローラのように善玉菌優性の状態にしてあげることが、歯周病、虫歯、口臭対策に効果的なのです。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。