植物性の乳酸菌

乳酸菌には植物性と動物性があることを知っていますか?腸の中の環境を整えて体調の改善に役立ててくれる乳酸菌ですが、ヨーグルト、チーズといった身近な乳製品に含まれていることは知っていますね。

乳という漢字を使っていることから乳製品だけに入っている成分だと思っている人も多いですが、そうではありません。実際には植物性の食べ物にも豊富に乳酸菌は入っているのです。

もともと乳酸菌は糖を発酵させて、乳酸といった動植物が作る酸の有機酸を作る菌のことです。植物性の発酵食品の中に含まれている植物性乳酸菌は、実際にはたくさんの数の食べものの中に入っています。

その理由は植物性乳酸菌は、動物性のものと比べると栄養バランスがとても悪くて刺激が強くて、過酷な環境であっても生息できるからなのです。

実は、植物性乳酸菌というのは、日本食に豊富に含まれています。

伝統的な日本食の代表、漬物、味噌にも植物性乳酸菌なのです。植物性乳酸菌がたくさん含まれている発酵食品が好きなのは日本人だけに限りません。

実は韓国でこよなく愛されるキムチも植物性乳酸菌の発酵食品なのです。

植物性乳酸菌食品は日本の味噌、しょうゆ、ぬか漬け、日本酒をはじめとして、中国のザーサイや韓国のキムチ、インドノチャツネ、ヨーロッパでは、サワークラウト、マサイ族の発酵乳などがあります。植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届くのが特徴です。

植物性乳酸菌は善玉菌をしっかりとサポートしてくれます。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。