ビフィズス菌が配合された人気健康補助食品

ビフィズス菌が含まれているヨーグルトなどの食品を積極的に毎日摂取し、そして生活習慣を見直すことにより、腸内に生存するビフィズス菌の数を増やし、また維持することが大切です。

しかし、ヨーグルトが苦手…という方がいらっしゃったり、自分なりに食生活を気遣っているものの不安…という方もいらっしゃるかと思います。そんな方には、ビフィズス菌が配合されている健康補助食品を摂取してみてはいかがでしょうか。

もちろん、あくまでも補助という立ち位置なので、ビフィズス菌のサプリメントを毎日摂取さえしていれば、食生活に気を配らなくても良い…というわけではありません。自分なりにしっかり改善しつつ、健康補助食品も摂取するのです。世の中には、ビフィズス菌が配合された健康補助食品は多く存在します。もちろん、人によって感じ方は違いますし、それぞれに特徴や効果がありますので、一概にこれが1番良い!とは言い切れません。

しかし、口コミサイトやランキングサイトなどで、常に上位に位置しており、客観的にみてきっと人気の商品なのだろうな…というのは、カゴメの植物性乳酸菌ラブレ・カプセルや、わかさ生活の乳酸菌1000億や、久光製薬のEC-12、サンミリオンの乳酸菌革命などです。

カゴメの植物性乳酸菌ラブレ・カプセルは、植物性乳酸菌の1種であるラブレ菌が配合されたサプリメントです。乳酸菌というのは、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2つに分けられるのですが、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方がたくましい乳酸菌だと言われており、人間の健康に対しても力強い働きを期待することができます。1日1粒の摂取で、100億もの生きたラブレ菌を摂取することができ、もちろん胃液や消化液に負けずに、生きたままの状態でしっかり腸にまで辿り着きます。近年、この植物性乳酸菌の摂取量は、年々減少しているそうです。元々日本人は、古くから穀物・野菜・魚を中心に食事を摂っていたので、知らず知らずのうちに植物性乳酸菌もしっかり摂取していたんですね。

しかし、これら和食を食べる機会が減少していくと共に、植物性乳酸菌の摂取量もそれに比例して減少してしまっているのです。逆に、動物性乳酸菌の摂取量は増えてきているのですが、毎日の健康のためにいは、植物性乳酸菌の摂取も非常に重要となってくるのです。カゴメの植物性乳酸菌ラブレ・カプセルならば、1日1粒の摂取でOKなので、気軽に毎日摂取することができますよ。このカゴメの植物性乳酸菌ラブレ・カプセルは、1袋に30粒が入っており(およそ1ヶ月分)通常価格税込3,950円で販売されています(定期コースの場合)

わかさ生活の乳酸菌1000億は、1日の摂取量の目安となっている4粒の中に、乳酸菌が1,000億個凝縮されているサプリメントです。単純に考えて、悪玉菌に対抗する善玉菌が、4粒の中にヨーグルト10個分(1個100gの場合)相当が入っているということです。実際に毎日、ヨーグルトを10個食べようと思うと大変ですが、サプリメント4粒ならば手軽に摂取することができますよね。また、このサプリメントには、体内での生存力が高いビフィズス菌の他、ラブレ金とフェカリス菌も配合されていますし、体内で栄養を吸収しやすい環境へと導いてくれるりんごポリフェノールや、母乳に含まれている成分であり、善玉菌を増やす作用を持つラクトフェリンも含まれています。更に、発酵乳の1種であるケフィアも配合されています。ケフィアには、複数の乳酸菌だけでなく酵母も共生しながら発酵するため、含んでいる乳酸菌の数も多く、健康的な身体をサポートしてくれますよ。このわかさ生活の乳酸菌1000億には、1袋に124粒が入っており(およそ1ヶ月分)通常価格税込1,680円で販売されています。

久光製薬のEC-12は、1袋(1回分)にヨーグルト100個分(1個あたり100gとして計算)の乳酸菌が配合された顆粒タイプの健康補助食品です。ヨーグルト100個分を乳酸菌の数で表すと、なんと1兆個にもなるんですね。1袋あたり1gですから、この1gに乳酸菌1兆個が含まれているのであれば、本当に手軽に乳酸菌を摂取することができるな、と思います。ただ、この商品に含まれている乳酸菌というのは、商品開発を行う際に久光製薬が注目したという、エンテロコッカスフェカリス菌EC-12株が配合されています。この乳酸菌は、本来人間の体内に存在している球状n非常に小さな乳酸菌なのですが、腸内環境を整える際に必要不可欠なビフィズス菌の増加をサポートしてくれる働きを持っているのです。

それに、高度な加熱処理を行っているため、摂取しても胃酸や胆汁酸で消化・分解されることなく、生きたままの状態で腸までしっかり届くことができるのです。そして、EC-12だけでなく、腸内に存在する善玉菌の養分となるミルクオリゴ糖も配合されていますよ。この久光製薬のEC-12は顆粒タイプですから、錠剤タイプが苦手な方でもしっかり摂取することができるので良いですよね。ほのかにブルーベリー味の甘みがありますので、水なしでさっと手軽に飲めるのも便利です。もちろん、水や牛乳などと一緒に摂取しても可能ですよ。甘くて美味しいのに、1袋2.4カロリーというのも嬉しいですよね。この久光製薬のEC-12は、1箱30袋入り(およそ1ヶ月分)で、通常価格税込1,900円で販売されています。

サンミリオンの乳酸菌革命は、16種類の乳酸菌と、24種類の酵母菌が含まれたサプリメントです。ヨーグルトで例えてみると、乳酸菌革命は、乳酸菌の量だけでもヨーグルトの5倍以上も含まれています。乳酸菌というのおは、善玉菌の1種である酵母菌のエキスを食べることで繁殖し、また酵母菌も乳酸菌のエキスを食べることで繁殖します。それにより、乳酸菌と酵母菌の2つをしっかりと腸内に届けることが可能となります。このサンミリオンの乳酸菌革命は、通常価格税込2,800円で販売されています。

また、最近では、特定保健用食品…通称トクホに認定されている商品もあります。この特定保健用食品というのは、それぞれの製品ごとに、消費者庁長官の許可を受けて、保健の効果を表示することができる食品のことを言います。多の食品と異なっているのは、身体の生理学機能などに影響を与えることができるような成分が含まれており、血圧や血中のコレステロール等を正常に保つ作用や、お腹の調子を整える際に役立つ…といった特定の保健効果が化学的に証明されているものであれば認定されます。

もちろん、特定保健用食品を積極的に食べたからといって、それだけで健康になれるわけではありませんし、それぞれに設定された1日の摂取目安量や摂取量に従って使用しなければ、逆に体調を崩してしまう可能性も無きにしも非ずです。医薬品ではありませんし、病気の治療のために使用するものでもありません。普段から健康を気にしている方を対象とした食品であることを頭に入れておいて下さい。現在、特定保健用食品に認定されている乳酸菌類の主な有効成分(菌株)には、ラクトバチルスGG株、ラクトバチルス(L).カゼイ・シロタ株(ヤクルト菌)、ビフィドバクテリウム(B)、ブレーべ・ヤクルト株・L.カゼイSBR1202株、カゼリ菌SP株とビフィズス菌SP株、ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536などがあります。これらの乳酸菌が含まれている商品を選んで摂取してみるのも良いかもしれませんね。もちろん、特定保健用食品ではなくても信頼できて、効果を得ることができる食品も多く存在しますから、あくまで上手に活用してみて下さいね…といった感じでしょうか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: