シミのレーザー治療

シミというのは、肌細胞が何らかの原因で色素沈着を起こし、それによって皮膚の一部が変色してしまう肌トラブルのことを言います。シミにも種類があり、肝斑・雀卵斑・老人性色素斑・脂漏制角化症・炎症性色素沈着…などが挙げられますが、それぞれ特徴は違うとはいえ、いずれも古い肌細胞が垢として排出されず、そのまま肌に留まったために徐々に色素沈着を起こしてしまうことでシミが現れる…ということは変わりありません。

シミというと、老化現象の1つという認識を持っている方が多いかもしれませんが、シミは突然出来るものではなく、シワ・たるみと同じく、若い頃からの積み重ねによってシミが出来てしまうため、若い頃からしっかり対策を行わなければ大変なことになるんですね。

肌ケアを疎かにした10代、20代のツケが、30代、40代…とその後にシミとなって現れるのです。よく聞く話ですが、若い頃に紫外線を浴び続けたせいで、30歳、40歳になった頃に突然シミが現れる…ということも決し噂ではなく、そして他人事でもないんですね。今から10年〜15年ほど前くらいでしょうか?

ガングロという、敢えて肌を日焼けさせて、肌を黒くさせることが流行しましたが、その方々の肌は今大丈夫なのかなぁ?と他人事ながら心配してしまいます。シミが1つあるだけで、見た目年齢をぐっと上げてしまいますし、また、メイクで完全に見えなくする…というのも難しいですから、例え1つでも、そして本当に小さなシミであっても避けたいものです。

シミの種類

最初にも挙げましたが、シミには複数の種類が存在します。

まず、テレビコマーシャルや広告などで知っている方も多い肝斑(かんぱん)ですが、肝斑というのは、ホルモンバランスの乱れが原因だと言われています。更年期に入った女性や、婦人科の病気にかかってしまった時に現れることが多いと言われていますが、それ以外にも妊娠すると肝斑が現れることがあるようですね。

男性で、肝斑が現れた方…というのは見聞きしたことがありませんし、実際に男性に肝斑が現れたという報告はないようなので、女性ホルモンが肝斑に関わっていることがわかりますよね。また、他の肝斑が出来る原因としては、紫外線・ストレス・肌への過度な刺激が挙げられます。ちなみにストレスというのは、ストレスを過度に溜めることで女性ホルモンのバランスが崩れるためです肝斑は、頬骨の部分をを縁取るようにして左右対称に広がって現れるのが特徴となっており、その範囲には個人差があります。肝斑とは判らないほど小さなものが出来る場合もあれば、広範囲に広がってしまうこともあります。

雀卵斑(じゃくらんはん)は、通称ソバカスのことです。小さなシミであり、その斑点のようなシミが鼻を中心として顔全体に散らばったものを指します。雀卵斑は遺伝的なものが原因であることが多く、また、年齢に関係なく、加齢と共に現れる…というようなものではありません。子供の頃から顔に出ているのが普通です。

色はシミほど濃くはなく、基本的に淡褐色であることが普通ですが、年齢を重ねるごとに斑点が増えてしまったり、紫外線を浴びたことが原因で、更に色が濃くなることがあります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は、長い期間、紫外線を浴び続けてしまったことが原因で現れるシミのことを言います。

老人性という言葉が付いているため、老化現象の1つだと思う方は多いと思いますが、実は、この老人性色素斑は、人によっては10代〜20代の頃から現れますので、一概に老化現象の1つとは言いきれません。

紫外線を浴びたからといってすぐに現れるわけではなく、若い頃に浴び続けた紫外線が原因で、何十年後かにシミとなって現れます。この老人性色素斑は、30代後半〜40代にかかえて現れる方が多く、年齢と共にシミの境目がはっきりとしだし、色も均一で濃いのが特徴となっています。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)は、イボのように盛り上がった状態のシミのことで、年寄りイボという通称があります。シミが角化されていく過程で、だんだんと隆起していったものがこの脂漏性角化症なのですが、顔に現れるだけでなく、手の甲に現れる方も多いですよ。

この角化というのは、肌の表皮層の底(真皮層側)にある基底層で作られた新しい肌細胞が、細胞分裂を行いながら上の層へと移動し、最終的に肌の最も外側である角質層にまで押し上げられ、そして剥がれ落ちるまでの過程のことをいいます。

判りやすくいうと、ターンオーバーによる一連の流れのことですね。一般的なシミとは異なるため、例えば美白効果のある成分が配合されたスキンケア化粧品を使用したとしても、効果を得ることはできません。脂漏性角化症を解消するのであれば、炭酸ガスレーザーで削ったり、強力なレーザーを照射する治療を行わなければなりません。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)は、傷やニキビ、化粧かぶれやカミソリ負け…など、皮膚が炎症を起こした時に出来るシミのことです。酷く日焼けをした場合にも現れることがありますが、外傷・熱傷などの度合いによってシミの色や範囲は異なってきます。症状が軽い場合は、赤みのある薄茶色のシミとなりますが、症状が重くなってくると、紫色〜濃い紫色のシミとなり、かなり目立ってしまいます。

この炎症性色素沈着は、一応基本的には自然治癒で治っていく…つまりシミが消えていくものなのですが、治る期間は症状によって様々です。軽い症状であれば、数ヶ月で消えていきますが、症状が重ければ、1年〜数年かかる場合もあります。

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)は、顔以外の体の部分に現れることが多いシミであり、強い刺激を常に受け続けていることで現れることが多いです。例えば、固いベルトのバックルが直接肌に長時間、そして常時触れているため、徐々にその接触している部分の肌が変色していく…というものですね。

原因となる物を接触させないようにすると、その変色した部分が徐々に薄くなっていくのが通常ですが、あまりに深いシミとなっている場合は、年月が経っても消えていかず、シミとなって肌に残ってしまいます。

なお、シミとくすみを同じようなものと認識している方が意外に多くいらっしゃると思うのですが、この2つは全く別のものです。シミの原因にはメラニン色素が関わっており、ターンオーバーでも色素沈着した古い肌細胞が剥がれ落ちることなく、そのまま肌に居残ることで、徐々にシミとなって現れます。

そして、シミは部分的に現れることが多く、顔全体がシミになってしまうというようなことは、ありません。くすみの場合、その原因にメラニン色素は関わっていません。

ターンオーバー機能の周期が本来よりも遅れてしまい、肌の表面にいつまでも古い肌細胞が残っている状態が原因となっています。メラニン色素を含んでいない肌細胞…つまり色素沈着が起こっていない肌細胞であっても、古い皮膚が肌の表面にずっと残っているわけですから、みずみずしさも透明感もなく、顔全体がぼやけた印象を与えてしまうのです。

そしてそれがくすみなんですね。

ただ、くすみの場合は、その肌の表面に残っている古い肌細胞を排出することができれば、だんだんと肌は本来の透明感を取り戻していく可能性がありますが、シミの場合はそう簡単には改善しません。寧ろ、最初は薄かったシミが、徐々に濃くなってしまうことは珍しいことではありません。

シミが出来る仕組み

そもそも、シミというものがどのように出来るかご存知でしょうか?

なんとなく、紫外線を浴びたらシミが出来てしまう…という漠然とした知識はあるものの、その仕組みまでを知っている方はあまりいないのではないかと思います。

何故、紫外線を浴びることでシミが出来てしまうのかというと、紫外線を大量に浴びることで、肌の内部(肌の一番外側にある表皮層のなかの基底層)に存在しているメラノサイトが活性化し、メラニン色素が生成されます。このメラニン色素は、肌の色を決定づけていモノであり、人種によって肌の色が異なっているのは、この肌内部に存在するメラニン色素の量が異なっているからなんですね。

もちろん、メラニン色素の量が多ければ肌の色は濃くなり、メラニン色素の量が少なければ肌の色は薄く(白く)なります。

スキンケア化粧品のテレビコマーシャルや広告により、シミとメラニン色素は関係しており、正にシミ=メラニン色素という印象が強く残っているせいで、メラニン色素そのものが皮膚内に存在していてはいけないもののように感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。

メラニン色素は、肌を守る働きがあり、なくてはならない存在なのです。

つまり、紫外線を浴びたことでメラノサイトが活性化し、メラニン色素を生成し、そのメラニン色素は肌の表皮層へ広がっていきます。そして、表皮層に広がったメラニン色素こそが、肌に侵入しようとする紫外線を吸収して受け止め、紫外線が肌の奥まで入り込むのを防いでくれているのです。

メラニン色素がなければ、浴びた紫外線が全て肌の奥まで入り込むということですから、そうなってしまうと表皮層の内側にある真皮層にまで侵入してしまい、速攻で、真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンなどの弾力線維や細胞が破壊されてしまいます。そうなってしまうと、あっという間に肌の老化が始まってしまい、シワ・たるみが引き起こされてしまう他、最悪の場合、皮膚ガンの原因にもなることがあるのです。

先ほど少し触れましたが、人間の肌は、外側から表皮層・真皮層・皮下組織の3つの層に分かれており、その表皮層の一番内側(真皮層側)にあるのが基底層です。その基底層にメラニン形成細胞があり、紫外線を浴びると、活性酸素やメラノサイト刺激ホルモン(MSH)・エンドセリン等の情報伝達物質が発生し、それらがメラノサイトを刺激すると、メラノサイトではチロシナーゼという酵素が活性酸素を吸収・分解してメラニン色素を作り出すのです。

そのメラニン色素が表皮細胞の中に広がり、メラニン色素を含んだ肌細胞が出来上がります。これを防御バリアゾーンと言うのですが、メラニン色素を含んだ肌細胞は、防御バリアゾーンとしての任務を遂行するため、紫外線を吸収しますので、徐々に肌細胞の色が濃くなっていくのです。紫外線というのは、波長が短く、エネルギーが強いため、紫外線を浴びると肌細胞の遺伝子の一部が傷つけられてしまい、それは皮膚ガンに進行してしまう恐れがあります。

メラニン色素を含んだ肌細胞は、紫外線によって傷が付けられないように…と色を濃くしていくため、肌の色も濃くなっていくんですね。

ちなみに、これが日焼けです。紫外線を浴びないようにすれば、徐々にメラニン色素の生成は抑えられていき、普通の状態に戻っていきますし、メラニン色素を含んでいる肌細胞は、ターンオーバーによって肌の表面へ徐々に押し上げられ、最終的には垢となって排出されますから、メラニン色素ごと肌から出ていき、後に残ることはありません。

日焼けして一時的に色が濃くなるものの、冬に近づくにつれてだんだんと肌の色が元に戻っていうのは、こういった仕組みからなるんですね。メラニン色素を含んだ肌細胞が全てキレイに排出されれば良いのですが、例えばターンオーバーが乱れたり、あまりに生成されたメラニン色素の量が多くて排出しきれなくなると、メラニン色素がそのまま肌に留まってしまい、やがて肌に色素沈着を起こしてしまいます。それがシミとなるのです。

ターンオーバー機能が低下する原因は、後に説明しますが、その原因の1つに加齢が挙げられます。年齢を重ねていくごとにターンオーバー機能は低下し、本来よりもターンオーバーに時間がかかるようになってしまうのです。加齢によって様々な肌トラブルが出てくるのは、このターンオーバー機能の低下が深く関係しており、それはシミに限ったことではありません。

シミをレーザー治療で解消する

さて、先ほど挙げたシミの原因と対策は、自分自身の心がけ次第で行うことができるものばかりとなっています。

しかし、専門の手を借りた…つまり、皮膚科や美容外科などの医療機関を利用してシミを解消する方法も存在しています。「シミの量が多くて、とにかく早くなんとか消してしまいたい」「なかなかシミが消えない」という方は、一度、医療機関での施術を考えても良いのではないかな、と思います。

皮膚科・美容外科などの医療機関で行われるシミの治療というのは、レーザー治療となります。シミのレーザー治療がどのように作用するかというと、レーザー光線というのは、従来の光のように距離が離れるに従って広がっていかず、離れていてもずっとエネルギーを維持することができるようになっています。このレーザー光線をレンズを通すことで一点に集中させることにより、非常に高いエネルギーとなるのですが、この高いエネルギーのレーザー光線を、シミのレーザー治療で使用するんですね。

シミができている部分にこのレーザー光線を照射するのですが、照射された部分全てに反応するのではなく、メラニン色素だけに反応するようになっています。

つまり、シミの部分にメラニン色素が存在しているわけですから、シミにのみ反応することになり、周囲の肌にダメージが与えられることはほぼないんですね。

そして、レーザー光線がシミに反応することでシミは熱を持ち、やがてその部分の細胞が細かく砕かれて破壊されます。

破壊されたメラニン色素は老廃物となって肌内の細胞に処理され、また、肌の奥に散らばってしまったメラニン色素は、リンパ節等に運ばれていき、体外へ排出されます。

そして、肌の表面…表皮層に近い部分に散らばったメラニン色素は、ターンオーバーによって押し出されて排出される…ということになります。また、シミがあった部分(レーザー光線が反応した部分)はかさぶたとなりますが、そのかさぶたが自然に剥がれ落ちれば、シミのないキレイで正常な肌へと戻すことができるのです。

肌の治療で使用するレーザーには様々な種類が存在しており、症状や治療目的によって使用するレーザーは異なっています。そのなかでも、シミ治療に使用するレーザーは単一の波長を持つレーザーで、単色光…つまり1つしか色がない光なのです。そして、シミ・あざなどの治療に使用する場合は、赤色・茶色に反応するレーザーを使用しています。そのため、メラニン色素の茶色、そして血液のヘモグロビンの赤色にだけしか反応せず、周囲の細胞を傷つけることなく治療をすることができるんですね。

なお、シミのレーザー治療で使用するレーザーには、宝石のルビーを使って波長を出すレーザーで、黒色に著明に反応するルビーレーザー、アレキサンドラという宝石を使って波長を出すレーザーで、黒色と緑色に反応し、シミ以外にもタトゥーの除去でも使用されるアレキサンドラライトレーザー、半導体を使ったレーザーで、様々な波長を作り出すことができるダイオードレーザー、幅の広い波長を発生することができ、シミ治療の他、シワ治療やタトゥーの除去にも使用されるQスイッチレーザーなどがあります。

レーザー治療の流れ

レーザー治療の流れとしては、まず医師による診察を受けて、シミの種類や状態を確認し、レーザー治療についての説明を受けます。

一般的に、レーザー治療が可能とされるシミには、老人性色素斑・炎症性色素沈着・扁平母斑・外傷性色素沈着…などが挙げられますが、素人である自分には、自分にできているシミが、どの種類のシミであるかなんて判断することはできませんよね。

だからこそ、診察を受けて、レーザーによる治療が可能かどうかを見分けてもらうのです。

もし、レーザー治療だけでは除去することができないシミであると判断された場合は、お断りされることもありますし、レーザー治療と内服薬による治療を組み合わせた治療方法を提案されることもあります。

その後、シミが出来ている部分にレーザーを照射するのですが、必要に応じて麻酔を使用したり、痛みを和らげるクリームを塗ることもあります。シミのレーザー治療は、全く痛みを感じないわけではありません。

もちろん、人によって痛みを感じる度合いは異なりますが、それでも我慢できないほどの痛みではないのではないかな、と思います。痛みの種類としては、輪ゴムではじかれたような痛みとよく表現されています。レーザーを照射した後は、肌が非常に不安定な状態ですから、紫外線の影響を通常よりも強く受けやすくなっています。紫外線によって出来たシミの治療を受けた後、紫外線を浴びて更に肌に悪影響を与えたのでは意味がありませんよね。そのため、紫外線対策を徹底して行う必要があります。

レーザーを照射した部分はかさぶたが出来ています。

黒く、ちょっと見た目的には酷い状態ではありますが、この時点で痛みはほぼありません(人によっては少し感じる方もいらっしゃるようです)。

かさぶたは、だいたい1週間〜2週間で自然に剥がれるのですが、気になるからといって、無理矢理剥がすようなことは絶対にやめて下さい。

また、かさぶたが出来ている状態では、洗顔程度ならばOKですが、炎症を抑える薬を塗る必要があり、メイクはオススメしません。

なお、かさぶたの状態によってはガーゼを貼らなければならない場合もあるようです。自然にかさぶたが剥がれると、その部分は赤みを帯びている状態です。

この赤みが引くのは数ヶ月かかり、人によっては、炎症を起こしたり、またそれによって色素沈着を起こしてしまう方もいますが、3ヶ月〜4ヶ月経つと徐々に薄くなり、目立たなくなってきますので、そのまま放置しておいて下さい。

ちなみに、レーザー治療は、1回のレーザー光線の照射で完了というわけではなく、複数回に渡ってレーザー光線を照射する必要があります。

レーザー治療のメリットとデメリット

シミのレーザー治療を行うメリットとしては、使用するレーザー光線はシミのメラニン色素のみ反応しますから、それ以外の正常な肌にダメージを与えることはほとんどなく、安全にシミのみを取り除くことが可能となっています。表皮層に存在するメラニン色素は、ターンオーバーによって体外へ排出されますから、ターンオーバー機能が正常に働いていれば、シミに残ることはまずありません。

しかし、真皮層に色素沈着してしまった場合は、真皮層にはターンオーバー機能はありませんから、一生、その色素沈着が残ってしまうことになります。

つまり、本来ならば、真皮層にできたシミは諦めるしかないんですね。

ところが、シミのレーザー治療は、表皮層だけでなく、真皮層にあるシミにも作用します。レーザー光線は、真皮層までしっかり届きますし、また真皮層にあるメラニン色素にもしっかり反応しますので、シミの除去を期待することができるのです。熱を持って破壊されたメラニン色素は、先ほども挙げたように様々な過程を経て体外へ排出されますから問題はありません。

本来、諦めるしかなかった真皮層のシミにも作用するのは、ずっと除去できずにシミがコンプレックスとなっていた方には嬉しい治療方法ですよね。また、他の治療方法と比較して、シミを除去できる確率が高いという点も、レーザー治療のメリットだと思います。

そして、短時間で治療を行うことができるのもメリットです。シミの範囲が広かったり、また複数箇所にシミが出来ている場合は、やや時間を取るかもしれませんが、1回のレーザー照射は数秒〜数十秒となっていますから、広範囲をレーザー照射したり、複数箇所レーザーを照射する必要があるにしても、たかがしれていますよね。加えて、入院する必要はありませんし、翌日から普段通りに生活することも可能です。

逆に、レーザー治療によるデメリットとしては、かさぶたが自然に剥がれるまでは黒い斑点が顔に存在する状態が続きますので、あまり他人に見せることができない状態である…というのが挙げられます。

場所が顔という部分だけに、そう簡単には隠すことができないんですよね。小さいシミの治療であれば、かさぶたがある状態で他人の目に触れても特に気にする必要もないかもしれませんが、かなり広い範囲のシミを治療したり、また複数箇所を治療した場合などは、シミが出来ている部分によっては、マスクで隠したり、帽子などで誤魔化して外出することができるかもしれませんが、しかしそれでも、仕事中にマスクはともかく、帽子をかぶるのはおかしいですよね。

そういう意味では、仕事をしている方や、頻繁に外出しなければならない方などは、治療後しばらくは大変かもしれません。かさぶたは、1週間〜2週間で剥がれ落ちるのが一般的ですが、この1週間〜2週間って、結構長い期間ですよね。

また、レーザー治療を受けたことで、逆に色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。

レーザー治療は安全性が高いとは言われていますが、レーザー光線を照射することで熱を持たせますから、それにより炎症を起こしてしまう場合があるんですね。炎症の状態によっては、その部分が色素沈着を起こしてしまうとも限りませんので、少しでも違和感を感じたり、おかしいな?と思われたら、診察を受けて下さい。

それに、先ほども挙げましたが、レーザーを照射した後は、肌が非常に不安定になっていますから、いつも以上に紫外線の影響を大きく受けてしまうことになります。

ですから、いつもと同じように紫外線対策をしていても、いつもよりも肌にダメージを与えてしまうことになるんですね。海や山など、紫外線を浴びやすい場所に出掛けるのを避けるのはもちろんのこと、外出しなければならない場合でも、いつも以上に紫外線対策を徹底して行わなければならないのです。しっかり紫外線対策を行わないことで、再び紫外線の影響を受けて色素沈着を起こしてしまうことにもなりかねません。

実は、レーザー治療後に紫外線を浴びて、また新たにシミを作る方も少なくないそうです。

そして、費用が高い…というのも、レーザー治療のデメリットでしょうか。シミのレーザー治療は保健適用外となっていますので、全て実費で支払わなければなりません。

もちろん、治療を受ける医療機関によって…。そして、治療するシミの数や状態によっても金額は異なってきますが、シミの大きさが3mmで、1回の照射につき1,000円〜20,000円が一般的ではないでしょうか。

かなり価格に幅が出てしまいますが、医療機関によって使用しているレーザーも違いますし、調べてみると本当に医療機関によって価格に差がありますから仕方がありません。

治療を受ける医療機関を選ぶ場合は、複数の医療機関を候補に選び、比較することをオススメします。

それ以外のデメリットとしては、全体的に見て、だいたい20%の割合で治療したはずのシミが再発するようです。

もちろん人によっては、一度受けたシミ治療のみで大丈夫だった…という方もいらっしゃいます。

シミが再発すれば、当然再びレーザー治療を受けなければ、シミを除去することはできません…例え全体の20%だとしても、シミが再発する、ということを聞くと、本当にレーザー治療は効果があるのか?と疑ってしまうものですが、レーザー治療によるシミの治療は高い効果が得られることで知られています。

1回のレーザー照射でシミが消えることはなくても、複数回レーザーを照射することで徐々に薄くなっていき、シミが目立たなくなるのが普通なんですね。

しかし、インターネットの口コミサイトなどを見ると「治療を受けてもシミは消えなかった」という声をよく見聞きします。

これは、利用した医療機関を間違った…ということになりそうですね。

つまり、治療に当たった医師の腕が足りなかった…ということになります。正しいレーザー治療を受けていれば、シミの除去に失敗することはないので…。実際にあることなのですが、シミの種類のなかでも、肝斑はレーザー治療を受けることができません。肝斑にレーザー光線の照射は禁物なんですね。

しかし、最初に診察で、実際いは肝斑であるのに、肝斑以外のシミであると判断され、誤ってレーザーを照射されることもあるのです(現在は、肝斑でもレーザー治療を受けられるようになってきています)

ですから、シミのレーザー治療を受ける場合は、徹底して医療機関を比較し、そして評判などもリサーチして決定して下さい。かかる費用なども重要ですが、実際に各医療機関でシミのレーザー治療を受けた方の感想や意見を知ることも非常に重要となってきます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: